お小遣いで楽しむ一口馬主ライフ@広尾TC・東サラ・DMMバヌーシー

初心者一口馬主です。心の向くまま気の向くままに、、書いていきます。

【スパーブアゲイン】鍛えなおし?

 広尾TC公式HPより

 

======

 

18.11.01
 
 11月3日(祝・土)京都4R 2歳未勝利(芝2000m)に藤岡佑介騎手にて出走予定。
「昨日は併せた相手の新馬をあえて先着させてあげる形。動き自体は良かったですし、余力も十分で追えば交わせる手応えでしたので、遅れの心配はいりません。それにまだ緩いところがある馬ですから、あまり疲れを残したくないというのもありました。直前の内容としては、これくらいでちょうど良かったのではないでしょうか。だいぶ動けるようになってきており、一度使った反動で後退するどころか、少しずつ進歩を見せてくれている状況です」(甲斐助手)
 
 
18.11.03
 
 ゲートで大きく立ち遅れ、前半はやむなく最後方。向正面でいったんは好位まで押し上げましたが、4角でのコーナリングにスムーズさを欠き後退。結果8着での入線となっています。
「ゲートで我慢が利かず、立ち上がってしまったところが心の若さ。4角で外に膨れてしまったところは体の若さですよね。まだスピードが出ていない1~2角は回れても、ペースが上がる3~4角では遠心力でどうしても膨らむような格好に。馬自身は前に進もうとしてくれているのですが、まだトモが緩いですから…。直線ではちゃんと真っ直ぐ走っているんですけどね。要するに心身ともにまだまだ馬が若いということ。トビが大きく、能力はありそうですので、もう少ししっかりしてきてからだと思います」(藤岡佑騎手)
◆成長途上である現状やレースの流れなどを踏まえ、「意識的に向正面で上がって行く形」(鞍上)となりましたが、スタートでの出遅れと4角でのロスは大きく、全体的に未熟さを露呈する形となってしまいました。コーナリングに関しては「左右周回の問題ではなく、最終コーナーからの直線の長さの問題。東京よりも今回の方が直線が短いぶん、4角の時点で始動が早く、スピードが乗っているため外に振られやすい」との見解でした。厩舎陣営によれば、「トモが緩く、コーナーをうまく曲がれなかった様子。もう少し練習が必要のようですね。ダートの方がスピードが出ないという意味では、現状そちらの方が良いという考え方もできます」とのこと。レース後の馬の状況なども窺いつつ、改めて方向性を検討していく予定です。(HTC)
 
======
 
11/1の近況では期待できそうな感じでしたが・・・(^_^;)
まあ、レース後の更新の通り若いのでしょうね・・・。
ただいろいろ思うところはあります。
あそこまで出遅れたら腹決めて直線に賭けてもらったほうがよかったなあ、と。
プロにはプロなりの理由があってああいう形になったのかもしれませんが(^_^;)
能力はあると信じていますので、しっかり鍛えてもらって頑張ってほしいです。
矢作先生らしく続戦するのか、放牧して鍛えなおすのか、、、こちらも木曜の更新が楽しみですね(^_^)
 
 
 

※「広尾っ仔応援ブログ」に登録済です。広尾サラブレッド倶楽部への新規出資フォームの紹介者欄に「ブログ名」もしくは「ブログURL」の記載で1,000ポイントが付与されますのでぜひご活用ください。

 

 

※広尾サラブレッド倶楽部様のご厚意により公式HP等からの転載の許可を頂いております。

 

 

 

  よろしければクリックお願いします。

  ↓

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村


一口馬主ランキング